水色のマー ながつぶ (長めの呟き)

青春ウォッチャー。好きな音楽、映画、本、妄想、想像、堂々、ロックンロール。90年代のUKロックが好きです(オアシス、ブラー、コーナーショップなどなど)。スピッツもUKロックです。

あこがれロケット

あの人はあの漫画が好きらしい、という噂を聞いて以来、苦節2年、とうとうチャンスがやってきた!ヤァ!ヤァ!ヤァ!(しかもロケット!)

 

○○さんだよね?○○(漫画)好きだって話を聞いたことがあって…なんて、かなり気持ち悪い話しかけ方のような気がするが、ずいぶん喜んで話してくれた(気がする)。別れ際、会釈ですせようとしたら向こうは手を振ろうとしてた。手を振ればよかった!むしろ、そのままメシ誘うなり連絡先交換するなりすればよかった。失敗。

 

その後、なにもなし。

 

よくみると、けっこう男性とつるんで歩く姿を見かける。ロケットだから、仕方ないか…

 

あー残念!

キムタクみたいなおじさん

キムタクみたいなおじさんになって、モテたい。

 

カッコつけたメッセージであの人を労ったつもりだが、返事なし。あーあ。

 

キムタクならどうする?GOする!

 

竹野内豊でもいいな。

 

モテたい。

 

好かれたい。

 

いい感じになりたい。

 

好き、という無駄な感情に振り回される、無駄な人生。

 

いっそ、すべてを見直して、

 

キムタクみたいなおじさんになって

 

あの人を見返したい。

 

キムタクみたいなおじさんになって

 

モテたい。

TRIO+でエアロスミス”sick as a dog”を演奏してみる

ギターを弾く時間ができたので久しぶりにTRIO+を出してみた。自分の曲は家族が聴いてるかもしれないから恥ずかしいので、エアロスミスの名作アルバム"Rocks"に入っている"sick as a dog"をTRIO+でやってみました。

 

最初はなんとなく録音してみて、曲構成があやふやだったところを改めて聴いてメモ。

f:id:mizuiro-no-marr:20211124193228j:image

 

⬛️イントロ

アルペジオのところはかなり簡略化して三音のみでやってみた。

バッキングは↓こんな感じのTRIO設定

f:id:mizuiro-no-marr:20211124193441j:image

 

⬛️A、Please〜のとこ。

バッキングは↓こんな感じ

f:id:mizuiro-no-marr:20211124193646j:image

 

⬛️サビ、sick as a dog〜のところ

f:id:mizuiro-no-marr:20211124193749j:image

 

⬛️短い間奏のとこ

f:id:mizuiro-no-marr:20211124193819j:image

 

⬛️長い間奏のとこ

f:id:mizuiro-no-marr:20211124204911j:image

 

全部で5パターンまで録音できる。本当は長い間奏の後に決めがあるんだけど、仕方ない。

 

ギターとしては全然できてないんだけど、バッキングがつくだけで気持ちが盛り上がる!

 

TRIO+、フィルインも指定できたらありがたいのになぁ。

 

で、この5パターンをMTRに流し込む。

f:id:mizuiro-no-marr:20211124205302j:image

 

これで歌も入れたら楽しそうだ♪ Take it light〜

 

久しぶりの録音!

家族が寝てる隙を狙って、かるくDP-006で録音してみた。

f:id:mizuiro-no-marr:20211121074017j:image

ギターと声だけの録音だけど、いやー楽しすぎた。ギターのフレーズを入れたり、コーラスを入れたりしてたら、どんどん自分がイメージした形になってくるのが、いい!

テンポは126。アレグロよりちとゆっくり?

ドラムとか入ってないけど、自分の頭の中では鳴ってるから、もう充分!

 

とはいえ、これを人に聴かせて、ドラムはご想像ください…とはなかなか言えない自分…

 

自分のための作業、完了!

ここからは人に聴かせるための作業だ!

町でいちばんの巨乳ちゃん

朝早く駅に向かって歩いていたが、久しぶりの出社で財布を忘れたことに気づき、慌てて家に引き返した。

 

出会いは突然だった。

 

ごく真面目な雰囲気、むしろ美人な感じ。ただ、その印象を吹き消すほどの、すごい巨乳!胸に、あきらかに僕らを魅了する何者かが存在する。一昔前ならスイカップとか言い方があった(古瀬絵理さん!漫画で言うと…誰だろう)。最近だとロケット乳という言い方もあるみたい(瀬名ひかりさん!漫画だと「蛇と苺」の月子ちゃんが近いかな?)。彼女の場合、そこまでとがりを感じさせるというより、丸みを帯びた大きなものが胸にある。ロケットというよりは、やはりスイカ

 

なぜだか一時期、そんな彼女とすれ違うことが何度かあった。今日も凄かった!なんて思いつつ、でもきっとあの胸のせいで、僕みたいにみたゃう人もたくさんいるだろうし、むしろ嫌な目にたくさん合ってるのかもな…と反省したり、彼女の存在が自分の存在を考えるきっかけにもなっていた。僕もきっと自分のお○ん○んをジーっと見られたりするの、嫌だし。

 

話すきっかけが欲しくて、すれ違うチャンスに、鍵をわざと落としてみたけど、見事にスルーされたなぁ。

 

いまこう電車で思い出して書いているけど、やっぱりあの胸は凄かった!しかも美人!たぶんそういう選手権したら、かなり勝つと思う。

 

そんな凄い人がこの街にいる。そう思うだけで誇らしい気持ちになる。例えて言うなら大谷翔平と同じ街に住んでる、みたいな。

 

またあえたらいいな。

 

 

全男性必見!名作!スイカップの湯

www.cmoa.jp

 

「蛇と苺」の月子ちゃんは表紙の右側。ロケットってこんな感じ?

www.shogakukan.co.jp

 

タイトルの元ネタ、町でいちばんの美女

www.amazon.co.jp