妄想スクラップブック

音楽家、そして青春ウォッチャー。妄想、想像、堂々、ロックンロール。90年代のUKロックが好きです(オアシス、ブラー、コーナーショップなどなど)。スピッツもUKロックです。

ベースアンプで録音したいんじゃ

スタジオにベースを持ち込みました。個人練習でベース弾き語り練習?いや、違うんです。

 

理由はひとつ、ベースアンプ経由でベースをMTRに録音してみたかったから。先日観た奥田民生さんの動画を観た影響です。ベース録音でもアンプを間に入れてるし、プリアンプもコンプもしっかり入ってた。いま調べたら、

 

ベースギター 

ギターアンプ 1973 Marshall Lead & Bass 20

スピーカーシュミレーター PALMER PDI-03

マイクプリアンプ NEVE 33415

コンプレッサー Urei 1176LN Rev.F

MTR 

 

かなり経由してベースを録音しているわけで、同じようなMTR使ってもそりゃ音違うよなと思い、ベースアンプ経由でのベース録音にチャレンジしたわけです。

 

ベースアンプで音出すと、気持ちいい。ツマミをいじり音作り。ベースのシールド差し込みがガリガリ音がする。直したい。

 

MTRの音を外部出力でスタジオに音を出すと、さらにいい感じに。

 

しかし、ここからが大変でした。ベースアンプとMTR、どうやって繋げたらいいの?ラインで出力したら意味ないし、チューナーアウトじゃないし、プリアンプ出力あるけどなんだか音が小さい…結局、アンプのスピーカー出力をMTRに繋げて、音を大きくしようとするとベースアンプのスピーカー自体がめちゃめちゃ音量上がってしまうのでベースアンプのスピーカーは線を抜いて、ようやく音量レベルがわかってきたところでスタジオ時間終了〜

 

まぁ、ベースアンプ経由での録音の大変さがわかり、これはこれでよい時間でした。

 

 

 

関係ないけど、テレビ千鳥のオープニングのトム&ジェリー風アニメーションは最高だと思う。あれが今の2人のキャラを決定づけてる気がする。