妄想スクラップブック

音楽家、そして青春ウォッチャー。妄想、想像、堂々、ロックンロール。90年代のUKロックが好きです(オアシス、ブラー、コーナーショップなどなど)。スピッツもUKロックです。

時事ネタとしての歌

いくつか歌を並行して作っているが、録音する段階で進行がかなり遅くなる。俺の曲作りの課題だ。

 

並行して作ってるなかで昨年2021の時事ネタ(半導体不足とかコクーンコートとかSDGsとか)を入れた歌を作っていて、これ時間かけて一年後に完成してもなぁ…という思いがあり、スタジオには行けないし、大きい音は出せないし、マイクもないし、DP-06(MTR)もないし、そんな状況で録音を試みた。

機材はクラシックギター、パソコン、そしてイヤホン付属マイク。

 

最初のイメージは岡村ちゃんのターザンボーイだったが、このイメージは「猫の動画…」という曲ですでに使っているのと、クラシックギターしか楽器がないので、ベックの「Loser」のイメージでドラムループをGaragebandで用意してギターと歌を重ねた。最後にコール&レスポンスっぽいやりとりも入れて、とてもくだらない歌ができた。自分で聴いても笑える、こんな曲が作れた自分を褒めたい。女性が聴いたら怒るかなぁ…用事をする時間になり慌ててミックスしてwavファイルにした。メモにコピーして、いまこれを書きながら聴いてる。1時間ぐらいでここまでできるのだ。

 

はっきり認めよう。アレンジやミックスは時間がかかるし、俺は作詞作曲が好き。残された人生、しばらくはそちらに人生を懸けてもいいんじゃないか。そんな思いが強く感じた作業だった。

 

コクーンコート

コクーンコート活用術22選|ショートorロング?太って見える?疑問を徹底解説|MINE(マイン)

https://cdn.mine-3m.com/asset/images/b7dea731283c4d598ce46a067060025a.jpg